情報、技術、経験のレンタルで新しい社会

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

前回のブログで2017年はレンタル業に注目しているとお話をしました。

どの商品でも、どの企業でも、どのサービスでも有名になれば、他の業種の人、設備、情報を利用して新しいもの作ることができる。

レンタルというよりはOEMと言った方がいいのかもしれません。

有名茶園が抹茶アイスクリームを作るのではなく、日産自動車が抹茶のアイスを販売する

「抹茶Z」 茶園×ディーラー×アイスメーカーのコラボ商品

一社単独企業企画ではなく、各企業トップ技術を結集した新商品アイス

3つの企業の販売網があれば「ガリガリ君」を凌ぐブランド性を作り上げることができるかも?

ここでOEMではなく、生産性の悪い月間を工場、人間、技術ごと貸し出す。すべての月間経費を見てもらい、研究や生産を一気に創り出す。

今までは、安定した生産で赤字月をなくすというのが、経営においてセオリーであったが、ようは赤字月を他社でレンタルしておぎなってもらえばいい。という考え。

そんなことできるか!というのが昭和の頭脳である。

まだまだ出てくる!

ターゲットが同じなのになぜコラボしないのか?解らないのが「オードバックス」と「ディーラー」の合同店舗。

コンビニの跡地はコンビニがなぜできる?コンビニの跡地に主要の商品だけのカーグッズをおけばいい。広い駐車スペースを使って、新車を並べればいい。あとはカタログを置く。

これが平成の「合理化ビジネス」

2017年は○×△=∞

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

訳の分からないタイトルですみません。。。

私なりに考える2017年はすべて成熟しきった横一線の時代がくる。すべてのものが出尽くして、次の一手がなくなる。今年に新しい準備をしている企業だけが来年飛躍する。

なんとかなるという考えは捨てた方がいい。

 

すべては「昭和時代」の延長。新しい「平成時代」を生み出せていない。

 

では、来年はどうすればいい?常識が非常識に。

非常識が常識とまではいかないが、「平成の頭」を持つこと。

 

まだまだ私も「昭和の頭」。平成の頭にならなくちゃ。。。

 

2017年は○×△=∞ の意味は、成熟した「もの」「企業」がコラボして、無限大に広がる。

一社ではその価値を十分発揮ができず、もう一社又は複数の強みを生かし、互いにWINになるような仕組が進むと予測。

 

私が注目しているレンタル。

 

これは普通のレンタル業ではなく、「貸す行為」 人、モノ、情報を貸すということ。

 

例えば、今ないレンタルで言えば、「信頼」を貸すとか。。。

 

つまり、これが「平成の頭」である。

私が考える「3の法則」

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

私が考える「3の法則」

 

私が考えるに3回同じ場所に行くことや3回同じことをするには、何かしらの「気に入る」「好意」がある。衝動的やいつもの習慣どちらにしても3回同じことすることは難しい。

 

例えば、購買で考えるとほしいものを買ったとすると満足する。しかし、消耗品以外2回同じものは買わない。当たり前だ。

消耗品であればたまたま通りがかったので購入したが同じ店が買うとは限らない。

 

飲食で考えるとうわさを聞いて一度は来店して食事をした。そのときに「気に入れば」2度目に来店する。

例えば2度来たときの理由は

 「味はもうひとつだが量が多い」

 「高いけどめっちゃうまい」

 「味も値段も今ひとつだけどイケメン揃い」とか…

しかし3回目には、その店の「優位性」がなければ、3度目は来ない。一度目は、期待を膨らまし、「うまい」「安い」「おしゃれ」のどれかがずば抜けていれば2度目は来る。 

 

自分に置き換えて見て下さい。

 

「3度」行った店「4度」行ってませんか?

 

逆に「2度」しか行っていない店、「また行こう!」と思いますか?

 

つまりは2度目の理由(=ハードル)を何かの「メリット」を付けなければ3度目は難しいと思いませんか?

 

それを解決するのは

 

「販促」です。  販売を促す好意(=行為)をしなければいけないのです。

 

頭のいい方ならもうお分かりですよね。

 

そう、3回来させばいいんです!1度目2度目のいろいろな理由(=ハードル)を越え、3度目に来た顧客は

 

あなた(=商品、会社、お店)に惚れてます。

 

それは、よくいう二八の法則にも現れているんじゃないですかね?

一度分析をしてみてはいかがですか?2割の顧客が3回以上8割が2回以下であれば、私の考えは合っていることになります。

新規獲得することが難しい世の中ですが、どうするか?

3回以上をリサーチして優位性を伸ばすか?

2回以下をリサーチして「上得意」にするか?

これは、経営判断になりますが、広告担当者もどちらの方が得策なのかは意見してもいいと思います。

 

私でよければ力になりますよ。

 

ご連絡お待ちしております。

 

ご連絡先はオフィシャルサイトをご覧下さい。

 

>>>株式会社アーテクダイレクトマーケティング

うちわの宣伝効果はゼロ??

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

そろそろ夏のイベントにうちわを用意する季節。

しかし、この質問を投げかけると今まで答えた人は私が知っている限りいない。

 

 

「家にあるうちわの社名を覚えてますか?」

 

 

企業側がイベントで「手ぶら」はまずいだろう?うちわでも作ってばらまこう!

もらった時に使うだけで、家に2~3本あるが、改めて見ることもない。ゴミ箱に捨てづらい。あくまで、「うちわ」は季節的なノベルティで販促ツールではない。

作り手のマスターベーションに過ぎない……大切に扱うのは、ジャニーズうちわだけ?(笑)

つまり、お金を出してまで買う「うちわ」を創くるか、渡したときに何らかの販促に繋げるアクションをが必要となる。

そこで、考案したのが、「観戦用うちわ」

これはあくまでイベントに参加した顧客をどう促すかということで、「観戦」のみではない。春から夏にかけて各種イベントやセールにも使っていただきたい。チケットをつけて、イベント終了後来店してもらうカードでもいいし、スポーツ観戦、祭りなどがある近隣のショップをPRしてもいいし、来場した顧客のマーケティング調査としてアンケートをつけてもいい。とにかく、どういう理由でこのイベントに参加したのか?顧客動向をリサーチをして、次回のイベントに生かす「うちわ」を作っていただきたい。

 

最後に宣伝にはなりますが、一度、弊社の「観戦用うちわ」をご検討ください。

通常のうちわよりコストがかかりますが、激安うちわをつくっても宣伝効果は期待できません。

どうせ創るなら、後に繋げる意味のある「うちわ」を創ってみませんか?

ご連絡をお待ちしています。

圧着はがきって、どんな紙でもいいの?

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

Q.圧着はがきって、どんな紙でもいいの?

A.紙にはコート紙(つやあり)、マットコート紙(つや消し)、上質紙が代表的です。
これは各加工会社の推奨する紙を使用した方がベターです。

『どんな紙でも加工ができますよ』っていう会社は少し敬遠した方がいいですね。

『後のことは知らないよ~って…』と言っているのと同じです。

『なぜ?』というとDMには宛名処理が必要になってきます。

小ロット(1,000枚ぐらいまで)の通数であれば紙を選ばない宛名シール(タックシール)を貼ればいいのですが、大量な場合はどうしても宛名処理の業者に頼まなければなりません。

ダイレクト宛名印字はインクジェット方式がコストも安く、主流です。

その印字の機械はスピードの速さが特徴です。

コート紙を使用すると、その速さではインクジェットインキが乾かず、宛名処理が困難になります。

単価が上がったり、断る業者もいるぐらいです。

コート紙をどうしても使用したい場合はチェッシー貼りをオススメします。

また、宛名印字をレーザープリントで出力する方法もありますが、これも台数を持っている業者が少ないのと、印字単価が高く、納期面にも影響がでてきます。

 

ダイレクト宛名印字には、最も上質紙(官製はがき)もいいのですが印刷のクオリティ(色目)が落とすことになります。

また、圧着加工が不可なDM方式の場合もあります。