『悩み』が『諦め』に『日常』なっていくのが『問題』

カテゴリー: コラム   パーマリンク

悩みになっていないのが、問題。

 

一つ例に挙げると、近年、ECサイトの便利さは向上しているが本当に誰もが利用出来ているのだろうか?

 

15年以上前になるが、ECサイトを利用して商品を購入している人は、ネットショップを運営している人が多いと聞いたことがある。

 

それは、ネットショップを開設しているので、サイトから購入するという抵抗がなく、いいところ悪いところを理解できるスキルがあるから。。。

 

では、『ネットおんち』の人はどうなんだろうか?

 

いざ、検索をして安い商品が探せたが、クリックして進んで行くうちに色々な用語など確認事項があり、

 

訳が分からなくなり。。。不安になり。。。閉じる。。。

 

つまり。。。カゴ落ち。。。

 

ネット印刷で言うと、PDFだのイラレ入稿だの『なんだそれは!』

 

ネット運営側はその人は対象にはしていない。と言えばそれで終わってしまうが、利用している人数よりその人の方がかなり多いような気がする。

 

また、『ネットおんち=高齢者』でもない。私の知人でも今だにガラケーの人も多い。スマホを持っていて、facebookをしていてもアップロードはされていない人も多い。

 

少し、題名と離れてしまったので、元に戻すと。

 

ECサイトを使ってネット印刷で印刷を発注した方が絶対に安いのはわかっているがやり方が分からないから印刷会社で印刷をしてもらう。

 

『悩み』が『諦め』に変化して、『日常』なり悩みが消える。

 

これは全てにおいて精通する。

 

『諦め』をもう一度『悩み』戻して『実用化』して『問題』を『解決』することを考えて新しい商品を創りたいを思っています。

 

私が開発した商品『変形封筒』もその1つです。

 

物心ついた頃から封筒は四角をいう当たり前の固定概念

と言うよりは封筒は郵便局に送ってもらうための規則?包装形態?

 

封筒はなぜ四角なのか?

 

誰が決めた?

 

なぜ?

 

という疑問になり、実用化できないから無いだけじゃないか?

 

もし実用化できれば、需要があるのでは?と考え企画開発をしました。

 

そして、封筒での開封率の低下の『悩み=問題』を『解決』するという『結果』になりました。

 

今後は1〜10のことより、0〜1の入口を紙媒体でうまくネットに入っていけるツールを企画して行きたい。

 

誰でもわかるネットへの橋渡しができれば、それも社会に貢献だと。

 

最後に変形封筒のページをご覧いただくと幸いです。

 

変形封筒ページへ移動は右の青字をクリック。→変形封筒ページ

コメントは停止中です。