往復はがきの作り方

カテゴリー: コラム   パーマリンク
往復はがき/料金受取人払

往復はがきの場合は、料金受取人払い申請というものがあります。この制度は、郵送時に50円(通数により広告であれば割引)で郵送し、アンケートや注文の返信された分だけを支払います。つまり、通常、郵便局などで販売されている官製往復はがき(100円)と比べ、半額の郵便料(50円)で郵送できます。

コスト比較 例)
通常官製往復はがきの場合

1,000枚×100円=100,000円の郵便代+印刷1/1色 刷り込み代約25,000円=合計125000円程度

受取人払いの場合

1,000枚×50円=50,000円の郵便代+印刷代1/1色 印刷代約25,000円=計75,000円程度。返信はがきの返却率が5%とすると1,000枚×5%=50枚の返却 郵便代50円+20(郵便局の手数料)=3500円で合計78500円

トータル郵便印刷コストは125,000円―78,500円=46,500円の印刷DMコストが下がります。

また、通数や年数差出数に応じていろいろな特約があります。年間を通じてDM計画を立てることだけでもダイレクトメールのコストダウンができることがあります。目先のダイレクトメールだけでは、その都度コスト高なDMを送ることになります。

コメントは停止中です。