大阪開発魂

カテゴリー: コラム   パーマリンク

弊社の自社開発商品

圧着うちわ(PAT)

夏場のイベントで使って下さい。

圧着うちわの開発理由

夏場のイベントに来た顧客をどう再来店してもうか?せっかく、来て頂いた顧客を逃すのはもったいない! アンケートに答えてもらって、名簿を収集してはどうか? また、イベント終了後に優待券などをつけて、来店してもらってはどうか? という理由で開発しました。

圧着下げ札(PAT)

SMART TAGと呼んでいます。

圧着下げ札の開発理由

デパートやSHOPなど、在庫の管理はPOSなどで把握ができ、在庫管理で商品がどれだけ売れたかが解かるが、それで本当にマーケティングできているのだろうか? プレゼントで買った商品なのに、毎月ダイレクトメールが『買った側』に届く。 また、買うだろうか?本来、プレゼントを貰った側の方に送った方がいいのでは? つまり、誰が、誰のために、何を、いつ買ったかを調べる下げ札ができないか? また、メーカーや販売店の顧客管理ができないか? 同じ用途のブランド商品が並ぶ、デパートで差別化はできないか? そのタグをもう一度、カードをつけて再来店してはもらえないだろうか? スピードくじで購買意欲を上げれないか? ICチップをカードに埋め込み、来客するとPOSと連動して、購入履歴がレジ画面に表示し、第一声目に『先日は、ご購入ありがとうございました』と言われると、お客様とのコミュニケーション作りができるんではないか? という理由でつくりました

BOOKDM(PAT.P)

カタログをそのまま送ったら、封筒代がカットできるんじゃ?

BOOKDMの開発理由
当時は長3タイプの中とじ製本のDMしかなかった。 製本の金具がゴミの分別で問題があり、どうにかして普通のゴミで廃棄できないか?封筒代をカットしてコストダウンできないだろうか?そのころ、ヤマトのメール便がA4サイズまでであれば、80円で送れるというサービスはじまった。当時はゆうメールでも可能であったが… 環境、郵送コスト、印刷コストを抑えたDMを考え、開発しました。

リピートメール (A4封書メーラー)
リピートメールの開発理由 

どうしたらお客様の手間が省けるのか?個人情報を保護するには? 封書メーラーのA4サイズに返信はがきをつけてみた。でも普通の1枚もののハガキじゃ隠せないので、2ツ折のはがきにしました。通常、宛名をダイレクト印字をするときに、返信用はがきにも同時に住所や名前を印字できれば、発注もしやすくなるんじゃ…しかし、個人情報の『保護』でいくと、目隠しシールはあるけど…めくれば見えるし…よし!あえてアナログな昔からある糊しろをつけるタイプの方が、『保護』という意味では、故意に開けないと見えないので、これに決定!。あと、送られてきた発注の返信ハガキをはがしやすく、ミシンをつけましたどうですかね?

ECOBOX エコボックス(PAT.P)
 エコボックスの開発理由

カタログ、ノベルティ、返信はがきを入れて! 通常、ビニール封筒にサンプルをいれて…しかし、VIPも同じ形態…それで果たしていいのだろうか?どこがVIPなのか?上得意なのか?…どこのDM業者を見ても同じようなDMばかり…箱をそのまま送るれば、どうだろうか?だだ、送るのでは段ボールと同じ。やはりこれからはエコ!さらに糊を使わず、送られてきた人が整理しやすくするには!ということで作りました

コメントは停止中です。