A4 圧着DM 2020年度版 大阪

カテゴリー: コラム, ダイレクトメール   パーマリンク

ダイレクトメールを作成するときに重要なことは、そのダイレクトメールでその商品やサービスの内容が伝わるかどうかです。

しかし、予算コストも重要なので、コストウエイトの大きい工程から順にご説明しますので、順に見ていけばいいと思います。わかっている場合は飛ばして見ていってください。

1、A4のサイズについて ※1=仕上りとは、出来上がった状態

印刷規程のA4は、仕上(※1)は天地297×左右210mmになります。3、で詳しくご説明しますので、サイズのみ説明で終わります。

 

2、A4サイズの送料料金について(2020年5月各HPにて参照)

  • 日本郵便 定形外郵便       120円 (基本料金50g以内)
  • 日本郵便 ゆうメール       180円 (基本料金 150g以内)
  • ヤマト急便 クロネコdm便   167円 (3辺の合計が60cm以内1kgまで)
  • ヤマト急便 ネコポス          385円 (角形A4サイズ 契約により価格変動) 
  • 佐川急便 メール便     168円 (300g以内)
  • 佐川急便 飛脚ゆうメール便 115円 (200g以内)

上記で見ると飛脚メール便が一番安いことになりますが、誰も115円で送ってはいません。一度きりの発送であればいいのですが、代行発送業者に任せるのがベターです。

 大手の大阪代行発送業社は下記の通りです。業社によって便の得意不得意があり、年間発送数で契約しています。又、発送主が大阪で関東の顧客通数が多い場合、大阪から関東に送り、関東から便を出すと割り引かれるメリットがあります。その逆もアリです。

ご紹介もいたしますので、ご相談ください。

  • 株式会社アテナ
  • 株式会社アド・ダイセン
  • 株式会社プリントキャリー
  • 株式会社DMソリューションズ
  • 株式会社エルネット
 
3、ダイレクトメールの仕様・選択について
 
ダイレクトメール の選択は重要でレスポンスが決まります。そもそもA4のサイズが必要なのか?それで伝わるのか?
 
イベント内容やセール商品数など数多くある場合、紙面がいくらあってもキリがありません。封書サイズで送らないといけない『確たる理由』がある場合は別ですが、『いつも』『A4で』は理由になりません。
 
封書は、上記2の通りの価格ですが、はがきサイズは、全国一律64円です。
(広告郵便申請すればもっと下がりますが、約15%割引〜)
10,000通であれば、
A4サイズでゆうメールで132円 1,320,000円
はがきは64円で640,000円で差額は680,000円です。
640,000円あれば、圧着はがきを作成し、QRコードを印刷して、WEBのランディングページを作成して、顧客がイベントや商品を十分に掲載しメリットを感じとり納得して購入してもらえると思います。WEB(若年層)+DM(高年齢)のクロスメディアが可能となります。
 
では、A4の圧着DMついてご案内したいと思います。A4の圧着DMの種類は大きく分けて2種類あります。
全面圧着層とふちのり疑似接着があります。
 
1、全面圧着dm (圧着層が全面でくっついています。)
 
A4 2つ折圧着(フィルム圧着、ニス圧着)(商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/crimping-dm)
 
圧着dmの特性は下記ページをご覧ください。(説明ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm)
 
2、ふちのりdm (糊で縁だけについています。)
 
A4 2つ折ふちのりdm(商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/fuchi-nori)
A4 3つ折ふちのりdm(商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/fuchi-nori)
A4 4つ折ふちのりdm(商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/fuchi-nori)
BOOK DM A4                  (商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/boook-dm)
MAGA MAIL A4          (商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/dm/mega-mail)
飛び出すdm A4               (商品ページ:https://www.a-teku.co.jp/jump-out-dm/

コメントは停止中です。