変形ポチ袋!ついに完成!

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。
変形ぽち袋

いろいろなかわいい変形のぽちぶくろ

やっとの思いで変形ポチ袋が完成!

春の彼岸玉、夏のお盆玉、秋の彼岸玉そして、冬正月のお年玉。四季を通じてポチ袋を!

鉄道マニア、アニメ、芸能人、スポーツ選手、干支、星座…..いろいろなキャラクターのシルエットに合わせて変形のポチ袋が作れます。

また、ご当地の歴史上の人物や名所など、お土産としての販売もgood!

コンテンツ(=キャラクター)をお持ちの方、来年の正月は流行りますよ~

やったもん勝ち!

 

もちろんグッズ作成をしている企画会社様の小ロット/大量ロット発注も可能です。

通常のポチ袋とはちょっと違う変形ポチ袋を宜しくお願いします。

 

詳しくはお問い合わせください。アーテク関西株式会社 丁野(チョウノ)までお問い合わせください。TEL06-6993-6331

圧着はがきやふちのりメーラー★印刷物支給が可能

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

最近、圧着の印刷物支給の加工業者が減ったというよりは、合理化や内製化で印刷から加工まで一貫したサービスを提供する会社がほとんど。

よく印刷会社から問い合わせがあるのが、印刷物支給で加工のみをしてほしい。とのこと

今、関東、関西を含め全国的に少なく、特にUVニス圧着はほとんどない。

印刷会社が自社で刷りたいと思うのは当たり前なのですが、加工のみの業者がないため見積もりのができないのが現状。

フィルム圧着は全国でも数件残っているが見つけるのはなかなか難しい。

わが社では印刷物支給の圧着はがき(フィルム圧着)やふちのりDMの加工のみを受け付けています。

印刷物支給が可能なダイレクトメールは下記をクリック。案内のページにリンクしていますのでご覧ください。

アーテク関西株式会社

圧着はがき(フィルム圧着)

http://www.a-teku.co.jp/dm/crimping-dm/

ふちのりDM(ふちのりメーラー)

http://www.a-teku.co.jp/dm/fuchi-nori/

A1のダイレクトメール メガメール

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

当時(平成17年)に開発したメガメール。A1に広がるふちのりメーラー(仕上A4)。

当時はあまりにも例がなく、大きすぎるスペースが企画しずらかったのか?10年が経った今、また脚光を浴び問い合わせが出始めている。

流行は20年周期と言われ、その時代の流行と合致して、リメイクされ、また流行する。

ミニスカートも上げ底の靴も以前にあったもの。形や流行色や重ね着などでまた新しいファッションとなる。昔、ゲームウオッチがあったが、通信をプラスしてDSに変化しただけである。

では、20年前の文化に今の流行をプラスすれば、新しいものができる?ではなく、ほぼ20年前は成熟してしまっているので、30~40年前にあったものの方が私はいいと思う。

 

駄菓子屋で紐をひっぱって大きいあめがゲットできるものはどこにいってしまったのか?

 

最近見ない。

 

10円を払って、紫色の不織布の当たりくじはどこへ行ってしまったのか

 

最近見ない。

 

 

今は採算が合わなく消えていってしまったのもが多く、昔は今より低コストで手間を惜しまずしていたことが、合理化の時代の波に消えてしまった。

 

 

なんか寂しい

 

 

もう一度昔を私の手で復活したい。 

 

 

そう思った今日この頃です。

 

A1メガメールはこちらから

ホームページのサマリー

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

最近、既存顧客から「○○だったんですね」「○○ができるんですね」という声がよくある。

グーグルアナリティクスでも、サマリーの新規閲覧が75.5%再閲覧が24.5%になっている。

こりゃいかん!何度でも見てもらえるページづくりをしなくては!

朝、会社に来てとりあえず、営業や企画の部署がアーテクのページを見てから活動するような情報は何か?

2,3個はわかっている…ページビューは上がる。

しかし、発注がない情報収集のキーワード。

何かあるばず!

10%UPを目標調査開始!

^^

 

2015年はどうなる?どうする?

カテゴリー: コラム | コメントは受け付けていません。

長年、日本経済はリアル、WEBともプラットホーム化が根づいてきた。大手流通グループによる統一のI社、大手総合ネットショッピングモールR社。この大きなプラットフォームに勝つためには、独自性がなければいけない時代に。独自性といっても、そう簡単にはいかない。大型のプラットフォームの後は、地域密着「リトルシティ化」。だか、そこには大手コンビニがサービスを充実させてきている。この大きな怪物企業のできないこと。やらないことをやるにはとても難しいこと。

 

では何をすればいいのか?

 

それはまだ大手の「知らないこと」です。

 

業界や専門職しか知らないことが世の中には多い。

 

大手は、採算性ない商売に手を出せないこと。それはあまりにも巨大化した盲点。

 

どこにでもある商品を手ごろな価格でみんなが買う商品しか販売できないこと。ただ、各大手もPB(プライベートブランド)躍起になっている。

 

さぁ!みんな急ぎましょ!

2015年はここしかないここでしか買えない「ものづくり」

負けず「なんでもいいから出す」

これです。